7.23〜7.24 社民党東北ブロック女性活動交流集会in仙台
福島みずほ参議院議員から、森友加計問題、共謀罪、憲法改悪、働かせ方改革、女性の政治参加等の講演がありました。東日本大震災の復興状況について、被災3県から報告があり、私は岩手県の報告をしました。やっぱり福島県は原発被害で大変だと再認識しました。
あとはブログをご覧下さい。

 7/20〜7/21 県土整備委員会(県内・東北ブロック調査)
 常任委員会調査として、・国道107号(仮)梁川トンネル工事の進捗状況、・仙台市の復興公営住宅のエネルギーマネジメント、・東北電力の水素による再生可能エネルギー試験、
・仙台空港民営化後の取り組み、という4カ所に行ってきました。
あとはブログをご覧下さい。

 7/19 道・ネットワークシンポジュウム(遠野市)
遠野市長が実行委員長の道路関係のシンポジウムがあり、市町村長や議長が多数参加しました。(写真は遠野市長)
道路などの社会資本整備は、予算縮小が続いているが、災害時の道路寸断で日頃からいかに道路が生活や経済活動になくてはならないか実感する。一方で緊縮財政の中で、ハード事業を抑制するのが常識になっているが、政府予算がまやかしであることを鋭く指摘する講演であった。
詳しくはブログをご覧下さい。

 6月29日 岩手県議会一般質問
県議会での一般質問があり、後援会のみなさんに傍聴に参加いただきました。
今回の質問では、亡き小原宣良さんの県議会での最後の討論となった平成19年3月臨時会、岩手競馬存続の修正案での賛成討論「一人の人間の生活を救えないものが140万県民の生活を救うことはできない」と繰り返し述べられましたことを紹介し、その意思を引き継ぐことを誓いました。
7項目の質問はボリュームが多くなり、すごく早口で30分間の制限時間ギリギリの質問となりました。答弁と再質問で80分位の時間を使わせて頂きました。
あとはブログでご覧下さい。

 6月18日 いわて女性議員と語る会、女性教員の悲鳴
第4回「いわて女性議員と語る会」〜暮らしと政治・現場から見えてくるもの〜(盛岡)
今回の女性議員は、小西和子県議、竹花せい子盛岡市議と豊巻直子久慈市議、そして私、4人の議員が議会報告や話題提供を行いました。(中略) 参加者には多くの女性教師がおり、学校の長時間労働がヒドイ状況という悲鳴がたくさん出されました。(中略) その声は、県議会一般質問再質問で、生の声を紹介させていただきました。 詳しくはブログをご覧下さい。
P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75 P76 P77 P78 P79 P80 P81 P82 P83 P84 P85 P86 P87 P88 P89 P90 P91 P92 P93 P94 P95 P96 P97 P98 P99 P100 P101 P102 P103 P104 P105 P106 P107 P108 P109 P110 P111 P112 P113 P114 P115 P116 P117 P118 P119